読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11.2km/sec

好きな事を好きな様に書く日記です

我が家の夫婦関係2015

基本的に私と夫は仲が良い、と思う。

結婚して3年、付き合ってからだと12年目になるので、かなりの部分を暗黙の了解が占めているし、もはや喧嘩も飽きた感がある。

それでも、夜中に帰ってきた夫が食べたポテチの袋をリビングにほったらかしにして、翌朝子供がそこに手を突っ込んでカスを食べていたりすると、おい何やってんだよふざけんな、等とイライラすることはちょくちょくある。

もちろん夫の側も、私にイライラすることが沢山あると思う。

私は大雑把で適当なので「後でやろう〜」と思ってそのまま忘れることが多く、使用済みオムツをオムツゴミ箱の上に積んであったりとか、そういうことをたまに指摘される。ちゃんと入れてよ、と。

そういう凡ミスは大抵、水・木曜に発生する。

お互いにまだ元気貯金が残っている週始めや、ルンルンの休み前はほとんどない。

つまり、疲れているからそういうことが起こるんだと思う。

 

 

子供のハイハイが始まった頃は、何度かそれで喧嘩をした。

喧嘩というか、私が一方的に怒って夫がしょんぼりするだけ、だけど。

まだまだ薄味のおかゆしか食べてない乳児がハーゲンダッツのフタを舐めていたりしてブチ切れて弾劾裁判じゃー!となってしまっていた。

一度喧嘩をすると、夫はムッと黙り込んでしまって、最終的に何故か私が慰めたりしなきゃいけないので大変面倒くさい。

面倒くさいことが何よりも嫌いなので、うまく伝える方法を考えた。

それを実行し始めて、一方的な喧嘩は減ってきた様に思います。

 

 

  • 小言は土曜日の午前中までにまとめて言う

平日顔を合わせる時間は数時間なので、なるべく嫌な思いをしたくない。

家庭内での「あれはやめて」「こういうことはダメ」「これ危ないので気をつけて」等の指摘は土曜日の午前中に。

夫も、平日の仕事から解放された金曜の夜〜土曜の午前中ならすんなり聞き入れられる様子。

こっちも、言わずに溜め込まなくて済むので精神衛生が保てる。

説教っぽく言うのではなく、あくまで会話風に話すのもポイント。

 

 

  • 愚痴をこぼせる場所を確保しておく

軽い愚痴なら母親とか妹、メインは鍵付きTwitterアカウントで愚痴ります。

Twitterは良い。本当に素晴らしい。私のどうしようもない泣き言を「うんうん辛いよね〜わかるわかる」と言ってもらえることで本当に気持ちが楽になる。

本当に好きな人しかフォローしない・させないのも個人的には大切かなと思います。

Twitterにまで義理とかお世辞の面倒なやつ持ち込みたくないので…

リプライが全然無くたって、誰かがこれを目にしてくれたんだな、っていう自分の気持ちだけで全然違います。

いやー本当に、フォロワーの皆さま、ありがとうございます。

ここに本来は「ママ友」とか入ってくるんでしょうが、自分、コミュ障なもんで・・・

最近は療育仲間さん達と軽〜く愚痴りあったり、先生に相談聞いてもらったりもしてます。

 

 

  • まめにコミュニケーションをする

平日は冷蔵庫のホワイトボードとLINEを利用しています。

ホワイトボードは私から、主に夕飯のメニューと、今日の一言的なこと。

LINEは業務連絡・どうでもいい連絡・週末の予定の確認・息子の写真を送る、等とフルに利用していますが、私的に一番嬉しいのは、夫が通勤中、持たせたおにぎりを食べながら必ず「美味しかったです」「ありがとう」と送ってくれること。

これは本当にもう、夫のお母様の教育によるもので、素晴らしいことです。

息子もそういう風にさせないとなぁ、と思います。

あと、休日はかなり喋ってます。

お互いに「こんなことあったよ」「こんな人いたよ」「ネットでこんなこと言ってたよ」等をダラダラ喋っています。

もちろん息子のことも。

療育があった日の夜は大体「今日はこういうことをやって息子はこんな感じだった」「先生にこれを相談してこう言われた」という話をして情報共有しています。

 

 

最近「長く付き合っていてすごい」「夫婦仲が良くてすごい」と複数回言われたので、ちょっと書き出してみました。

付き合い始めた頃はもっとアホ丸出しの痛々しいカップルだったのに、今やそれなりに落ち着いた夫婦になってしまったなぁ。