読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11.2km/sec

好きな事を好きな様に書く日記です

北欧からの“戦士” ソマリア 〜大学自爆テロ〜

TV

最近BSの番組が好きです。

一番好きなのは『英雄たちの選択』ですが、BS1のドキュメンタリーもすごく面白い。

撮り貯めて子供が寝たスキ等に見ています。

タイトルの番組が、すごく心に残ったので感想書き残し。

 

 

 

 北欧の若い人がイスラム武装組織に入って、自爆テロを行うまでのドキュメント。

見ていてちっとも他人事ではないと思った。

若者たちを駆り立てて追い詰めて自爆テロをさせる。

「君たちは戦士なんだ!」なんて言われて興奮してしまう。

若いから、そういう隙がいくらでも出来てしまうんだろう、と簡単に想像出来る。

それは我が子でも、ありえないことじゃないんだろうと思う。

自分の思春期を思い返すと余計にそう感じる。

こんなにも親目線で見てしまう自分にもちょっと驚いた。

 

 

自分の子供を守るために何が出来るんだろうか。

命の大切さを繰り返し教えれば良いの?

でも、例えば自爆テロでしか世界は救えないって思い込んでしまったら?

親よりも何か大切なものを見つけてそれを守るんだ!とか思い詰めてしまったら?

そもそも今の日本は平和だけど、平和じゃなくなった時に、まず自分が正気を保てるのだろうか。

 

 

本当に、色々と考えさせられました。

見て良かった。